国語科研究委員会

委員長あいさつ

「ことばはこころ」

 平成18年2月、中央教育審議会は審議経過報告の中で「言葉の力」を打ち出しました。
このことは、教育改革における国語科教育への期待の現れといえます。私たち国語科研究委員会は、その使命に応えるべく、日々研究に取り組んでいます。
 研究を進めるにあたって「ことばはこころ」という理念を大切にしています。これは、国語科教育の中で、繰り返し言われてきていることです。その理念を研究の基盤としながら、授業のシステム化・モデル化を目指すことで、答申が目指そうとする「言葉の力」を具現化すると共に、本市国語科教育の充実が図れるよう研鑽に努めています。

                                        研究委員長  関  幸子

平成17年度の研究より
1年
1年
1年
1年
1年
平成17年度の研究より
ナッナッネユアセヤレマ゚ケロソエク゚ヌ袒ミホト-ナッナッハモニオ ク゚ヌ ネユアセ
シテムマリ| セォコモマリ| ユナメエハミ| ツ魑ヌハミ| エミヒヌ| セゥノスマリ| ホェマリ| コ簷マリ| モヘシ簣ヌ| ヨヲスュハミ| タフチマリ| ツ、エィマリ| ホ蠑メヌハミ| ツーーノスハミ| ウ、クハミ| タウヨンハミ| ナ賺リ| タ・ノスハミ| モタフゥマリ| ク゚ムマリ| ム螽| ヅニスマリ| ーラモマリ| ーラノウ|